12月15日~17日の日記

金曜日はスターウォーズを見にほりしゅんと新宿TOHOへ。24:55からの回だったので、一度家に帰ってから車で出戻り。サブナードは高くて嫌なのでコインパーキングを探すがなかなか見つからず。検索してやっとこさ良い感じの場所で見つけたと思ったら、駐車…

2017/12/11の日記

金曜の夜は代官山UNITでエレクトロ系の深夜イベントがあったので一人で乗り込む。フロントアクトは知らないミュージシャンだったけど、DJが真鍋大度と柳樂光隆だったので行くことに。最近クラブとかDJイベントに意識的に行くようにしている事もあり…

ミュージック・ヴィディオゥ

ミュージックビデオ (以下MV)は、必要なものだろうか? 20世紀後半の音楽は、ミュージックビデオと一緒に育ってきた。 つまり、MTVの歴史であった。 沢山のMVが作られ、世界中のMTVで放送されまくっていた。 その歴史はプラットフォームをyoutubeへと移…

In the pool

平泳ぎ に、はまってしまった。 ジムで筋トレを終えた後は、ランニングマシーンで走るようにしていたのだが、せっかくプール併設のジムということで、泳いでみることにした。 そもそも長距離長時間走るのが大嫌いだったので、いつも30分程度でやめてしまって…

ひとはなぜ「三択」が好きなのか、その謎に迫る。

うそだ。 三択の謎には迫らない。 ダイエットのために、11月からフィットネスジムに通い始めた。 その名も「スポーツクラブ&スパ ルネサンス 経堂」 ルネサンスはフランス語で「再生・復活」を意味し、文字通りぼくはかつての体型をこの世に復活させ召喚する…

地方都市は燃えているか

新幹線の中からこんにちは。 いま、新幹線の中でキーをパンチしています。(いぇい!) 出張で長野県長野市に行き、そこでJリーグの試合を見てきた。 サッカー関係の仕事だったのだ。 AC長野パルセイロという、J3のリーグに属するチームと一緒の仕事だった…

好き好き大好きアイラブSHI☆BU☆YA!!

渋谷を好きになったのは、この半年ぐらいだ。 とにかく汚くて、どこに行ってもごちゃごちゃしてて、アホみたいに人が多い。 大学生のころはそんな渋谷像が嫌いで、選択肢がある場合、渋谷に行くことを積極的には選ばなかったし、どちらかと言えば新宿の方が…

君に揚げ餅

隅田川沿いの高層マンションに住みたい と、高校生のころの僕は本気で考えていた。 今思えば、本気で考えていたことなんて、 それ以外あったかどうかも怪しい。 高校性の僕が、執拗に月島に通っていたのは、 そのイメージを、より強固なものにするためだった…

第3話 不安定家庭

みんなに聞きたいことがある。 とてもとても大切な、こと現代において、 これ以上なく本当に大切な問題だ。 自宅のWi-Fi環境についてだ。 またの名を無線LAN いま、Wi-Fi以上に大切なものがどれだけあるだろうか? 僕が、Wi-Fiという言葉を初めて目にしたの…

写真部での活動

1ヶ月くらい前から、写真部としての活動を始めました。 部員は僕一人。活動内容は「写真を撮り、現像に出し、tumblrのページに更新。」という、とてもシンプルなものです。 いまのところそれ以上はありません。 考えてもいません。 まあ、せっかく良いカメラ…

「週刊 たいそう」創刊号

ブログのタイトルを 「週刊たいそう」 に変更しました。 生活の中に習慣を持たせたいのと、更新ペース的に丁度良かったので、週刊です。 半分はダジャレですね。 半分っていうか、8割くらいはだじゃれみたいなブログですね。 ということで、今回の投稿が「創…

秋の病

無 から有が生まれることは無い。 と、僕は思っている。 芸術だって科学だって感情だって、何もないところから急に現れたりはしない。 なにかを生み出すに、それだけなにかを仕入れなくちゃいけない、というのは、もう絶対に揺るぎない真実だと信じている。(…

9月30日のできごと。

毎週 の事ながら、昨日今日と週末を持てあましていた。 土曜日はライブに行くつもりだったので、昼頃に家をでて、三軒茶屋のスタジオで、2時間個人練をした。(ライブは見に行くだけなので、特に関係無い。) ライブは、インターネットで予約をしたはずだった…

すいません、家に忘れました。

没頭することが、ものすごく苦手だ。 なにか作業をしている時もそうだし、 バスケの試合の時も、ライブを見ているときも、恋人との時間もそうだった。 一瞬熱狂することはあっても、すぐに我に返ってしまう。 どうしてこんな事をしているのか、と思考を巡ら…

麺を巡る、小麦粉、塩、そして水の話。

3連休でした。 まだ1日残っているけど、2日消化するともう終わったような気がしてくる。 でも、3連休の効能は休みが3日間続くことだけじゃ無い。 次の週の平日が4日間になるのだ。 個人的には、これが結構嬉しい。 そんな3連休初日の夜は、また一人で渋谷…

In to The Woods(大人・・・・2500円)

先週の金曜日、土曜日はライブを見に行った。 金曜の夜は渋谷にあるThe Roomへ 土曜の昼間は、こちらも渋谷にあるWombにいった。 国外のミュージシャンのライブに行くことが割合多いので、なんとなく国内の人たちもチェックしたほうが良いのでは無いか、と思…

used power

僕は「抗議活動」に参加したことが無いな、と、 経済産業省の前を歩いている時に気がついた。 建物の前では、みな思い思いの抗議活動を行っている。 大抵の場合は、昼間から幟を掲げじっと椅子に座っている。 一人でハンガーストライキをやっているおじさん…

華金に酒を飲めと言ったのは、誰だ。

金曜日は、やっぱりお酒が飲みたい。 普段はほとんどお酒を飲んだりしないのだけれど、 やっぱり金曜日の夜はお酒を飲みたい。 キンキンに冷やしたジョッキで、キンキンに冷えたビールを飲みたい、と言いたいが、 ビールは好きじゃないので、冷たーいジンジ…

Q(moon)2

9月になった。 9月になってなにか変わった? エアコンをつけなくなった? 浴槽にお湯をはるようになった? 夏が終わってホッとした?(本当はHOTした?とききたかった) そういえば、秋服のことを考えていなかったことを思い出した? Earth,Wind & The Fi…

ドライブ(仮)

先週の土曜日は、群馬の嬬恋村に行っていた。 いわゆる「フェス」だったのだ。 集合は新宿に朝8時。今回僕は運転役だったので、車で向かった。 金子君(仮名)と鈴木君(仮名)から、はしゃぎ過ぎて早く着いた、とLINE。 集合の10分前くらいに到着し、車を止…

我が白

今僕は、風邪をひくか、ひかないかの瀬戸際に立っている。 強力な実感をばちばちと肌で受けている。 いや、鼻にきている。 鼻水が止まらない。 左目と手首がかゆい。 少し熱っぽい。 ああ、風邪である。 久々の登場だ。 おそらく冷房のかけ過ぎと疲労による…

まっさかさーまーにー!

最近やりたいことが多すぎて、どうしたらいいのかよく分からないのだ。 ライブに沢山行きたい。 映画館にも行きたい。 フィルムカメラで遊びたい。 プラグラムを書けるようになりたい。 楽器の練習をしたい。 バンドもやりたい。 曲も作りたい。 リズムや、…

Dont feel,Think!

”若者の間では、スマホでの写真撮影を「インスタ」と言う” Twitterでこの文章が回ってきたとき、自分がすでに”若者”というカテゴリーから、 外れかけていることを知った。 とはいえ、まだまだ”若い”とは思っている。 エッチなモノを見れるようになってから、…

てんとう虫

おんなの足の甲に、てんとう虫が止まっていた。 女はベンチに腰掛け、サンダルを投げ出しアイスを食べていた。 女は、てんとう虫に気がついていなかった。 てんとう虫は、足の甲からくるぶしのあたりにぐるりと回り、なにやらまごついたと思うと、再び足の甲…

最近の僕は、

フィルムカメラが楽しい。 新品のフィルムを、箱から出す瞬間が嬉しい。 そのフィルムを入れるために、裏蓋を開けるのだって、なかなか良い。 フィルムをセットし、蓋を閉じる瞬間なんて最高だ。 電池式のコンパクトカメラ(デジカメみたいな見た目の、画像…

思い出せ!あの子の香り!!

匂いは記憶と密接につながっている。 それは主に、付き合っていた人との思い出だったり、好きだった人の記憶であることが多いように思う。 けれど、その人の事を思い出していたとしても、その匂いを思い出す事は出来ない。 匂いは記憶を宿すが、記憶に匂いは…

僕たちのミッション+3kg

大学を卒業すると、皆が同じように悩み出す。 太った。 と、口を揃えるのだ。 それぞれの音程で、「太った」と。 それぞれがそれぞれの増量を持っており、1キロ増えるたびに自殺を考える女子もいれば、10キロ近く変化してなお、泰然自若としている者さえ…

松屋より、すき家より、吉野家が好き。

フランス料理という料理ジャンルが存在する。 お店に行くと、メニューに書かれている言葉はだいたいちんぷんかんぷんで、 おフォークがお皿にお当たりあそばされるお音だけがお響きにあられるような感じだ。 しかし、とてもおいしい。 たまたま、ちょっと良…

表の裏はなんでしょう。

”トランポリンがしたい”と、20代の8割強が考えているはずである。 その証拠に、僕はトランポリンを見かけるたびに、「トランポリンがしたいな〜」と思う。割合で言えば、十割ほどになる。 ちなみに十割そばを百分率に直すと「100%蕎麦」だ。これじゃあ恥ずか…

「海援隊」というのは、海を応援するのだろうか。それともライフセーバーなのか。その謎にせまる。

海援隊についは、やっぱり迫らないことにした。 早く実家から出たい、という思いが日ごと強くなっている。 中学生くらいのころに、ものすごく一人暮らしをしてみたくなった事があって、それでもやっぱり中学生だから妄想で止まっていた。「とにかく家にいた…